他人事ではありません

対抗するグループがお互いを意識しあい、足を引っ張り合ったり陰口を言い合う。これは小学校のいじめではありません。れっきとした社会人にも起こりうるものです。小学生では仲良しグループ同士で対立をしたでしょうが、大人になってからは学閥や部署など自分ではどうしようもないカテゴリー分けで巻き込まれることがほとんどなのも悩ましい点です。現在の技術の進化はすさまじく、数年前までは社内でも花形の部署であったのに現在では窓際産業になってしまったというように、昔と比べて社会の情勢はめまぐるしく変化します。そういった時に一番の威力を発揮するのは、やはり人脈です。社内政治に巻き込まれて、必要以上の敵を作ってしまうことは賢いやり方ではありません。やむを得ない場合は除いて、プライベートで人間関係をバックアップして、できるだけ有効な人間関係を保つことに務めましょう。これは社内のみならず社外の人に関しても言えることです。

そして何より大事なのは、一番大切なのはあなた自身ということです。精神的にも社内政治は大変に疲労、疲弊します。どちらかに軍配が上がり白黒つくまでは、ずっと続く長丁場で終わりが見えないこともしばしばあります。確かに仕事は大事ですが、いい意味で「どうせ仕事、耐えられなくなったら辞めればいい」くらいの気持ちを持ちましょう。何が何でも耐え抜くという強い意志はあなた自身を壊してしまう可能性を持ちます。休日も会社のことを考えてしまうようなまじめな人は、没頭できる趣味を探してみることもおすすめです。社内政治に息苦しさを感じている人は・・・http://outwear-companypolitics.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です